車査定 シュミレーション

車査定 シュミレーション

車査定 シュミレーション

 

当サイト、車査定シュミレーションでは、愛車をできるだけ高く売るための方法を提案することを目的としております。

 

車査定をお急ぎの方はこちらから、無料査定へお進みください。

 

⇒ズバット 車査定シュミレーション【無料】

愛車をできるだけ高く売るために・・・

1. 各買取会社の違いは?

車の買取をするお店は、現在様々なところにあります。形態も店舗持ち込み型や出張買取型等様々です。

 

そして、買取後すぐにオークション等に出す会社もあれば、自社で整備をして中古車として販売する会社もあります。

 

買取金額というのは市場相場を基本金額とし、修復歴の有無・走行距離・ボディーの状態等の多数の項目で加点・減点を行って決定しますが、各社判断基準が違う為に会社ごとに差が生まれます。

 

そして新車と違い、中古車の値段は日々動きます。人気車等で値段が上がる車もありますが、ほとんどの場合値段は1日1日下がっていきますので、どこの買取会社も買取後自社にて管理する時間を少しでも短くし、できるだけ早く販売します。ですからこの販売ルートをどれだけもっているか、陸送手段がどれだけ充実しているか等によって、各社の買取見積額にさらに差が生まれます。

 

2. 高く売るためには?

少しでも高く売りたいなら車査定シュミレーションで1日でも早く手放す事が重要ですが、もちろん状態によっても違います。

 

ピカピカに磨いてある車とホコリだらけの車ではどちらが早く商品化できるか一目瞭然ですよね。

 

そして買取契約というのは名義変更用の書類一式が全て揃っている事が大前提ですので、見積後すぐに契約・引渡できればプラス要因です。逆に書類が揃うまでに時間がかかるようなら、見積金額は無効になってしまいます。

 

3. 後処理も大事

ただ値段だけで判断する方も多いのですが、買取後の名義変更や一時抹消手続きをしっかりと迅速にやってくれるかどうかも確認しましょう。

 

しばらく前に手放したのに、自動車税の督促がきたなんて事もありますから。信頼できる会社に気持ちの良い値段で買い取ってもらう為には、相場や手続きを調べたり、少し勉強も必要です。

買取と下取りはどう違うの?

1. 買取と下取の違い

買取というのは、その言葉のとおり現在乗っている車の現時点での価格を評価し、現金で買い取る事です。

 

それに対して下取というのは、何か新しく車を購入する際の購入代金の一部として現在乗っている車をいわば「物納」する事を言います。購入金額から下取金額を差し引いた額を現金またはローンで支払う事になります。

 

2. 金額は違うか?

車の評価・金額の算出の方法はほぼ同じです。しかし下取の場合、多くは新しく購入した車の納車の際に引渡という流れになりますので、納車時期を計算して金額を算出する事になります。

 

1ヶ月後に納車予定であれば1ヶ月後の買取予想額を下取額として設定し、新しい車の購入契約をするというわけです。

 

相場は日々下がっていきますので、現在からどの程度下落するかを予想して金額を約束する事になります。

 

多少下落幅が大きくても損失を出さないよう、金額は低めに設定する事が多いです。

 

しかし新しい車の購入によって利益が生じるので、下取金額に多少色を付けても損失にはならないという理由で高めに設定する会社もあります。

 

新しい車を値引きするのか、下取に色を付けるのか、会社や担当者によって提示の仕方が違います。

 

3. 下取は約束事がある場合も

下取の場合は引き渡しまで時間がある為、走行距離数や外板状態に関して約束事ができる場合があります。距離数超過したり傷が増えたりした場合に減額される事もありますので注意が必要です。

高く売れる車とは?

1. 人気車種である

人気車種は中古でも探している人が多く、在庫として抱える期間が短いと予想される為高く売れます。ボディカラーも重要な要素です。

 

人気のボディカラーは車種によって違います。一概には言えませんがスポーツ系の車であれば赤や黒、高級車ではホワイトパールや黒、大衆車ならシルバー系等でしょうか。

 

他には、限定販売車のように生産台数が少ない中で人気が出た車等、驚くような値段がつく時があります。

 

2. 装備が充実している

やはり装備が充実している方が高く売れるのです。特にメーカーオプション(工場装着オプション)といわれるものは基本的に高いです。

 

例として、サンルーフ・クルーズコントロール・寒冷地仕様等が挙げられます。後からつけようと思ってもつけられないものですので大きな加点になります。

 

3. 修復歴無の車両

修復歴の有無は買取金額にとても大きな影響を与えます。どんなに人気のある車でも大きな修復をしている車はなかなか売れませんので、買取金額は大きく下がります。

 

しかし中には、自分も中古で買ったのでわからないという場合があります。

 

「無し」と言えない限り、高い値段はつきにくいです。「ワンオーナー車」というのが売り文句となっている原因の一つでもあります。

 

4. 希少車である

限定販売車の他にも、現在は生産されていない車等で高い値段がつくものもあります。

 

昔のディーゼル車やRV車のように、国内では難しくても海外に行けば飛ぶように売れるものなどは、どんなに古くても結構な値段がつきます。

 

5. 改造無し

改造はしないに越した事はないです。中には、スポーツ系の車のアルミホイールのインチアップ等で加点される場合もあります。

 

6. その他

走行距離が少ない車も高いのですが、あまり少なすぎてもエンジンに悪影響という事で減点される場合もあります。

車査定から売るまでの流れ

1. 査定

まず、査定です。車種・年式・グレード・色・走行距離等である程度の金額は出るかもしれませんが、しっかりした買取見積を取るには実際に現車を見せなければなりません。

 

修復歴の有無・外板や内装の状態・使用状況等を加味して総合的に判断し、買取金額を見積もります。

 

前項でも述べた通り市場相場は1日1日下がっていく為、一般的に見積の有効期限は1週間です。この間にユーザーは金額を比較検討し、成約するかどうかを決めます。

 

2. 契約・引渡

金額に折り合いがつけば買取契約を交わします。基本的には、契約日に引渡しです。

 

名義変更用の書類一式(車検証・自賠責・納税証明書・所有者の委任状・所有者の譲渡証・所有者の印鑑証明書)が揃っている事が大前提です。

 

もし揃っていない場合は、いつまでに揃えられるかによって買取金額が下がったりしますので注意が必要です。

 

特に購入時にローンを組んだりした為に車検証上の所有者がディーラーになっている場合等は気をつけましょう。

 

細かいディーラーでは、売り渡し先が確定しないと委任状・譲渡証・印鑑証明を発行してもらえない事もあります。できればローンを完済したら「所有権解除登録手続き」をしてもらっておいた方が無難です。

 

3. 入金・処理確認

契約を交わして車を引き渡し、名義変更の書類が揃った時点で買取金額が入金になります。

 

まだ名義を自分の所有にするための書類が揃っていないのに代金を支払う事はないですよね。あくまで手続きの準備が全て整ってからの入金です。

 

そして、できれば名義変更後の「現在登録証明書」か一時抹消後の「抹消登録証明書」をもらいましょう。

 

○年○月○日、確実に名義変更・一時抹消手続きが行われましたという証拠です。良心的な買取会社なら言わなくても出してもらえます。

車一括査定のメリット

1. 相場を知るには便利

インターネットで車査定シュミレーションができる世の中になりました。何社からも同時に、同じ条件で金額の提示を受けられるので比較検討がしやすく、相場を知るにはとても便利です。

 

しかし実際に金額を決定するにあたっては現車を一度見なければなりませんので、個別査定も必要になります。一括査定での提示金額で2、3社に絞るというのが有効な手段ですね。

 

2. 何社か個別査定をする時に

何社かに絞って個別査定をする時は、必ず別々にしましょう。手間はかかりますが、公平な査定を受ける為には必要です。

 

同時に出張査定を呼ぶ方も中にはいますが、堂々と目の前で相見積もりを取られるわけですから、印象はかなり悪くなります。競争心を煽るより逆効果となりそうです。

 

3. どこに決める?

何社か個別査定をしてそれぞれから金額の提示があったら、後はどこに売るか決めるだけですね。

 

もう少し何とかならないかという交渉もあると思いますが、全部の会社にそれをしたところでまた振り出しに戻るだけです。

 

手続き等を含めて信頼できる会社に気持ちの良い値段で買い取ってもらえるように絞って交渉しましょう。

 

4. 情報は開示

一括査定等、インターネットを利用して車の買取を決めたなら、是非情報を開示しましょう。

 

「○○年式の○○が○○万円で売れました」なんていう宣伝を見て一括査定をしたのですよね。

 

それであれば自分の情報も開示して後に続く人達の情報源になってあげてください。情報は多い方がいいんです。

更新履歴